くまこ道

滝町昌寛の日常 くまこへの道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨乞い

20090531095925
おはようございます。

昨夜は雨が降りました。
田んぼの水がだいぶ少なかったので、
雨を待っていました。
ほんとに雨乞いの気持ちだった。

田んぼは山の水を入れてるんだけど、
雨が降らなかったら、その山の水自体も少ないし、
田んぼに水が溜まらない。

田んぼの作り方が甘かったようで、水が抜けやすいように思う。
うむ。

ほんと、なかなか気を揉みます。


でも、昨夜の雨で田んぼにも充分水が入ったし、
山の水も多くなった。

雨 すごい。


田んぼの底に、稲の影が丸く映っていました。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/31(日) 09:59:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休憩

20090529114243
休憩してくださいよ~。
  1. 2009/05/29(金) 11:42:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20090529085906
いつものように
また朝がきました。


朝はいつも来るけど、
今日は昨日より
少し暖かそうです。
  1. 2009/05/29(金) 08:59:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太郎次郎三郎

20090526085510
太郎さんは、若い時から勉強に励み、
立派な学校に行き、
有名企業に勤め、
豊かな暮らしをし、
裕福な生活をしました。

次郎さんは、勉強が苦手で、
学校にも行かず、
山や川に行き、
山菜を採ったり、
魚を釣ったり、
うさぎを捕まえたり、
山や川の知識に詳しく、小さな小屋を建て、
心豊かに過ごしました。

三郎さんは、特に得意な事もなく、
周りに流されやすく、
みんなと同じ様なファッションをして、
少しだけ悪い事もし、
少しだけ良い事もし、
いたってごく普通の生活をしました。



太郎さん
次郎さん
三郎さん

死ぬときは、みんな幸せそうな顔をしていました。
  1. 2009/05/26(火) 08:55:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

つくし

20090526082009
おはようございます。

朝の露なのか?
植物から出る液なのか?
丸い水滴がクリスマスツリーの様に付いている。

この草はつくしの成長か?
よく知らないが、つくしと関係があると聞いた事があるが、
定かではない。

朝昼晩と1日は過ぎてゆく。
  1. 2009/05/26(火) 08:20:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

苗育つ

20090525092817
朝は清々しいです。

田植えをして、2週間。
苗は根付いてくれています。
順調に育っていると言って良いと思います。

僕が出来る事はあまり無く、苗は自分の力で大きくなって
いくのでしょう。
  1. 2009/05/25(月) 09:28:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信じられない!

高校生だった、 僕が、

もうっ!



40男になってるなんてっ!


信じられない!


  1. 2009/05/23(土) 21:30:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蛾か?

20090520073345
おはよう。

朝、この木にはたくさんの蛾?がこんな状態です。
交尾してるんかな?

こ5木にはたくさん毛虫が着くって聞いたけど。
この結果なのね!
  1. 2009/05/20(水) 07:33:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

惑星

20090519143956
惑星はこういう作りです。
  1. 2009/05/19(火) 14:39:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アスパラガス

20090518174112
アスパラガスが出て来てますねー。

香りが強いですねー

明後日くらいに、
いただいちゃおうかしら。

  1. 2009/05/18(月) 17:41:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶり。

IMG_convert_20090515215907.jpg

久しぶりにパソコンからのブログ書きです。
やっぱ、携帯からだと文字が打ちにくくて、
いまいち、書く気がしません。

今日はパソコンからなので、いい調子です。


先日のブログで少し書きました、
アライグマの事です。

僕自身も考えはまとまっていないので、明確には書けませんが、
思いつくことを書いてみます。

・アライグマは気性が激しいらしく、農作物を荒らすようです。
・アライグマは元々は日本には居なくて、外国からペットとして
 輸入された物が、山などに放たれて急速に増えているようです。
・アライグマは結構大きくて、僕が見たものは、
 頭から尾の先までの長さが。90センチくらいありました。

まず、よく言われる事だけど、
ペットとして飼った生き物を、自分が飼えなくなったからと言って、
「可哀そう」などど、山や川などに放つのは、
やはり良くないと思う。
もし、ペットを飼うのなら、そのペットの命の尽きるまで、
自分で世話を見るべきだと思います。
もし、それが出来ないのなら、ペットは飼うべきではない。
山や川にペットを放つくらいなら、自分でペットを殺すくらいの
気持ちが必要だと思う。
基本的に、ペットを飼うというのは自分の我欲だと思います。
全ての生き物が本来は自由であるとするのなら、
ペットを飼うというのは、その意図に沿わない。
ただ、今の世の中、特に先進国ではペットを飼うという様な事が
日常普通になっています。
「ペットは家族です。」と言う方も居られるでしょう。
本当にペットで癒されたという方も居られるでしょう。
自分の飼っているペットと、心からのつながりが出来たという方も
おられるでしょうし、
そう思い込んでいる方も居られるでしょう。

僕は自身でペットを飼うという事をしたことがないので、
ペットとのコミュニケーションを知らないから、
この文章に対して、反感を持つ人も居られるでしょうが、
やはり、ペットと言えど、一つの生き物だと思います。
その、犬・猫・金魚・亀・かえる・鳥・全ての生き物が、
その、彼らの、彼ら自身の命であると思います。
僕はその、彼らの命に規制をかけることはしませんし、
もし、するのなら、最後まで責任をとらなければと思います。

僕は基本的にペットという考え方は嫌いです。


自然界といわれるものと、人間界といわれるものの、
住み分けについて。

例えば、鹿が出てきて、農作物を荒らすので、
鹿を殺すとします。
そのときに、
「人間が鹿の住んでいる所まで、進出したから悪いのだ。
鹿が悪い訳ではない。」という考えもあります。
でも、それは違うと思う。
大きな自然というものがあって、そこに人間が生きているのだから、
人間界と自然界という区別はないはずです。
都会に住んでいて、鹿が出てきたらびっくりするでしょうが、
都会も自然の中の一部なのです。
都会も、この地球上にあるのには間違いないのです。
人間がたくさん住んでいるところが都会なだけで、
都会の周辺では、動物達がたくさん住んでいるところとの、
境界があるのです。
その、境界線、いわゆる田舎と呼ばれるところでは、
人の生活と、動物の生活がしのぎ合っているのは当然のことです。

人間がどんどん自然に進出しているというのなら、
その逆もしかりです。
空き地には、草がどんどん生えてきます。
空き家を草が覆い、家を朽ちさせる事もあります。
ウィルスなどが蔓延してくるというのも、ある意味、自然からの進出であるように思います。
自然と言うのは、あまりにも大きいです。
人間の想像レベルを圧倒的に超えています。


都会では、アライグマを殺す事は無いでしょう。
でも、焼肉屋で食べている肉は、牛が殺された物です。
スーパーで売っている肉も牛や鶏・豚がころされたものです。
どこかで、誰かが、殺しています。
魚にしてもそうです。
野菜にしても、そうです。
野菜は土から抜いたら、どんどん死んでいきます。

アライグマを殺しても、そのアライグマを食べる訳ではありません。
育てている野菜を荒らすから殺すとの事。
そのアライグマは山に捨てられ、なんらかの生き物が食べるのです。


どうあがいても、奇麗事は言えません。
食べると言う事は、相手を殺すという行為が必要なのです。
奇麗事は言えないのです。
都会で理想論を唱えるより、
田舎で現実をみて、悩み、悲しみ、考える方が、
僕は、その道の方が いいです。



  1. 2009/05/15(金) 22:56:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20090515090108
4日前に田植えした稲の苗。

すこし落ち着いてきてくれた感じです。

根が付いてきたみたい。

しっかり育ってほしいです。
  1. 2009/05/15(金) 09:01:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かっこいい

世の中に、かっこいい奴って何処にいるんでしょうね?

かっこいい風の奴は居る。
かっこつけてるだけの奴は居る。


昨日、罠にかかった、アライグマを殺す場面に立ち会いました。
檻の中に捕らえられたアライグマを、棒の先にナイフを付けたもので、
突き殺す。

息絶えるまで、見ました。

すごかったです。


この話は簡単には言い切れないので、
また、違う見方から書いてみます。
  1. 2009/05/14(木) 20:13:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨今話題の世襲制

20090512091249
昨今、政界で世襲制が問題やと言うてますけど、
はっきり言って、ちゃんとやってくれるんやったら、
世襲でもなんでもええぞ!


ここんとこパソコンが使えない状況におりますので、
携帯から書いております。
書き込みしていただいても、なかなか返事ができにくいですが、
何とぞ、よろしくお願いします。
  1. 2009/05/12(火) 09:12:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たんぼ

20090509203346
この世の中に、今の時期、田植えをしている人も居るでしょうし。
田植えをしてない人も居るでしょう。

今は田植えの時期ですね。

今年、僕は田植えします。
たんぼは米の出来るとこです。
たんぼの様子を時々伝えていこうと思います。

よろしくお願いします。
  1. 2009/05/09(土) 20:33:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

かえるの唄

かえるが鳴いています。
かえるぴょこぴょこ
3ぴょこぴょこ。

あわせてぴょこぴょこ
6ぴょこぴょこ。
  1. 2009/05/08(金) 23:20:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パーソナル・コンピューターが!

皆様、お元気でしょうか?
私といたしましては昨日に地元の祭が終わりまして、
一つ用事が終わったという感じです。

そんな私にも、一つ重大な問題が発生しているのです。
そ~れ~は、
マイ・パーソナル・コンピューターが、プロブレムなんですよーねー。
そういえば、昔はパソコンのことを、マイコンとか言うてたな・・・

こないだですね、外付けのハードディスクを買ったのですよ。
そして、その外付けのハードディスクに、パソコン内の
「マイ・ドキュメント」を全て移したのです。
2日くらいは調子よく動いてたんですがね。
それ以降、パソコンが起動しなくなりました。。。(涙)
その、問題の外付けハードディスクを外したら、パソコンは起動してくれます。
しかし、起動してくれたパソコン内には、「マイ・ドキュメント」が無いのですよねー。(涙)
その、「マイ・ドキュメント」が無いという事は、マイ・ピクチャとか、マイ・ミュージックとかが、
無いって事なんですよね。
それらは全て、外付けのハードディスクに入ってるのですよ。
その、外付けハードディスクは動かないのですよ。
マイ・ピクチャが無いって事だから、ブログに絵もアップ出来ないって事なんですよ。
正直、結構、だいぶ参った!
って、感じなんですよねー。


  1. 2009/05/06(水) 18:30:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は地元の宵祭でした。
午後7時頃から、行列で神輿をお旅所まで移動します。

明日は本祭。

神輿は神が乗るんだと思います。
でも、ホントに神が乗ってるんだろうか?
そもそも神ってなんだろうか?
祭は年中行事の一つとなって、
楽しみにしている人も居れば、
億劫に思っている人もいる。
全く参加しない人もいる。
僕は端っこの方で参加しているんだけども、
面倒臭いほうが大きいけども、
参加したら参加したなりに、
少し面白いとこもある。

神輿に神は乗っているのか?
綺麗に丁寧にすっきりした世の中になって、
泥臭さや生臭さがあんまりない。

お旅所(公園に、この日のために飾り付けをした)に、
神輿は今晩、置いておく事になっていたのだが、
明日の天気が、不安定なので、
神輿は近所の、屋根のある自動車工場に置く事になったようだ。

はたして、それは、祭なんだろうか?
神輿に神は乗っているんだろうか?


  1. 2009/05/04(月) 23:58:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忌野清志郎さん

忌野清志郎さん。
お亡くなられたようです。
  1. 2009/05/02(土) 23:32:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

背中の丸い人

IMG_0003_convert_20090502220517.jpg

どっかの街の川にらっこが出たらしいですよ。
そんで、その市長さんは、らっこに住民票を出したんですって。
。。
ほんなら、僕も、団子虫やミミズ、蝿や蝶々、草花に住民票を出すか?
出すのか?
出すわけないよな。

ニュースで、らっこに住民票を出したって言ってました。
にこやかなニュースって感じでアピールしたてけど、
なんか、僕は嫌やね。

夕食時、テレビを点けたら、
天皇皇后の特番をしていました。
見た人居るでしょうか?
僕、途中から見ましたけど、
泣きました!

うんうん。
なんか、よかったですよ。

天皇問題については、やはり色々な問題があるんだと思います。
戦争責任を天皇に問うても、それは違うと思います。
天皇が神だといっても、それは違うと思います。
天皇はイスラエルのほうから来た。という話もあります。
天皇は今、もう一人、別の天皇が居るという話もあります。
(これは、日本の朝廷が南北朝時代に二つに分かれたために、
もう一人の天皇の子孫が存在するという事らしい。)
天皇に関する疑問や噂は多々ありますが、
今の天皇皇后のお二人が何か悪い事をしているようには思えません。
今の天皇皇后のお二人が、自分達の意思で何かを操作しようとしておられる
様には思えません。

権力というのはそんな事かもしれません。
旗頭が天皇なり、何なりだったりするだけで、
操作しようとする人間は他に居るのか?
それとも、そんなの、居ないのか?
権力を握りたい人間は、どこかしろに居るように思いますが。。

ただ、やはり、天皇という人はテレビにて見る機会があります。
近所の、おじさんおばさんはテレビで見る機会がありません。
その、近所のおじさんおばさんは、今の時代の社会共通性には
なりにくいってことですね。
北海道の人も、東北の人も、関東関西北陸中部東海四国中国、九州などの人達も
天皇のことは知っていても、うちの近所に住んでいるおじさんおばさんのことは
知りません。
そこには、「背負う」という認識が出てくるかどうか、という事にも
繋がるように思います。

天皇も、皇后も、年をおとりになって、
背中を丸めて、真剣な面持ちで、
やわらかい、丁寧な、言葉使いで、
常に、怖い顔など見せないで、
身奇麗な格好をされて、
笑顔を振りまかれています。
そんな、人、
常にそんな人、なかなか居ないですよ。

僕は天皇家の事などまったく知りませんし、
そんなに興味もないですけど、

いきりたって、威張り散らしてる天皇なら、
僕も反発しましょうけど、
あんなに、腰が低かったら、
僕は、頭を下げる。
頭を下げるしかないです。
そして、涙を流す。

本当に天皇制のことは知りません。
その問題について色々な発言があるでしょうけど、
背を丸め、丁寧な言葉使いで、周りの人達のことばかり考えている人に対しては、
誰しも、勝てない。

天皇に限らす、全ての、そのような謙虚な人には
僕は頭が下がります。


  1. 2009/05/02(土) 22:43:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特別じゃない私と特別じゃない世の中

IMG_0032.jpg

若い頃なんてーのは、たいがい、自分は特別だと思いたがります。
子供の頃なんて、「私は橋の下で拾われた。いつか、どこかのお金持ちが私のことを迎えに来てくれる。」
なんて、思ったりしてたもんです。
中学高校のときあたりは、クラスの他の人と比べて、ほんの少しどっかが違っただけで、
それが自分の得意になったり、それが自分のコンプレックスになったりしたもんです。
自分はどっか、人と違うすごいとこがある。とか。
自分は特別だ。 悲劇のヒロインになってみたり、悲しきヒーローになってみたりしたもんです。

そんなときがありました。
今は、そんなん、無いって言えます。
自分は特別じゃないです。
自分が考えることは、自分以外の人間はすでに今までに何人、何百人と、
同じことを考えています。
自分がした、最高に恥ずかしい失敗も、今までに同じような失敗をした人間は、
うじゃんと居ます。
自分がやった事と同じようなことをした人間も、鬼のようにいっぱい居ますし、
自分がやった事以上のことをした人間も、むちゃくちゃいっぱい居ます。

自分は特別じゃありません。
本当に本当に、ありきたりなんです。
でも、自分はこの世に、一人しか居ません。
それが、「この世の妙」ってもんですね。
過去をどれだけ戻っても、
未来をどれだけ進んでも、
今の私は、今のこの時にしか居ないのです。
私が今、笑ったら、それはこの瞬間、このときにしかない笑顔な訳です。

そんなんが、おもしろいなと思います。
それが、この世なんですかね。

あなたが、野に咲く花をひとつ摘んだとしましょう。
その野には、毎年同じ花をつけていたとしても、
あなたが摘んだその花は、過去、未来永劫、
その一輪だけなんですよね。
自然は毎年同じような顔を、私達に見せてくれていますけど、
その草一本、花一輪にしても、同じ物はないのですよね。
私は親から生まれたように、去年咲いていた花が新たな命を得て、
新たな花を咲かしているのですよね。

いつも同じに見えても、常に新しいんですよね。
特別じゃない同じ事を繰り返しているけども、
全てがその一瞬なんですよね。
そんなんが、妙 ですね。

おもしろいですよね。 


  1. 2009/05/01(金) 23:04:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。