くまこ道

滝町昌寛の日常 くまこへの道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

作業かどうか

IMG_0038_convert_20090929202313.jpg


昨日やったかな。
昼に、うどんを食べに行きました。

最近出来たっぽい、
少し大型のセルフサービスの讃岐うどんの店
って感じのとこです。

製麺所。 的な雰囲気の店です。


きつねうどん
いただきました。

そんなにおいしくなかった。

まずくはない。
おいしいか?って聞かれたら
そんなにおいしくない。

たぶん、そんなにまずくもないし、
値段も高くはない。

僕も、気が向いた時には自分でうどん打ちますので、
その方がおいしいです。

なぜ、そうなるのか?

その、おいしくないというのは、
作業になっているからだと思うのです。

自分が、それをやりたいと思ってやっているのか。
それを、作業として、仕事として、やっているのか。
そこに差が出るのだと思います。

僕は絵を書きますが、
それを、作業として書いている時は、
全くもって、面白くありません。
自分がいいなと思う絵は書けません。

普段、何も考えずに絵を書いていると、
やたらと面白くなってくる時があります。
その時の絵は、いいなと思います。
おもろいなって。

おもろい方がいいです。

楽しんでいる方がいいです。

その、楽しんで絵を書いている時を、
少し客観的に見てみますと、

僕は、肩の力を抜いて、
笑いながら、
よだれを垂らしてる。


その人が楽しんでやっている事はいいです。

仕事はいかん。
作業はいかん。

でも、仕事も作業も、
楽しかったらいい。

仕事は基本的には楽しいからやるもんでしょ。
自分の人生の中で、すごく長い時間を費やすものですから、
楽しくないとね。

お金をいう厄介者がいますけど。
それについては、また、

後日。


スポンサーサイト
  1. 2009/09/29(火) 20:43:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマカガシ

2007_052700251.jpg


わんばんこ。

うちの家の横にはアスファルトの道があります。
そのアスファルトの道は山を削って出来たような道なので、
アスファルトの上には、山からの落ち葉や、木の実がたくさん落ちるのです。

例えば、土の道の上に、落ち葉や木の実が落ちてもそんなに気にはなりませんが、
アスファルトの上に、落ち葉や木の実が落ちると、汚く見えてしまうのです。

だから、掃き掃除をしなくてはいけないのです。

いたしかたなし です。

今は、山の梨や、柿の実が落ちて、ぐちゅっとなっているのです。
そういうと、
「梨や、柿なら採って食べればいいやん。」
って話しにもなりそうですが、
たくさんなっているので、そんなに食べれないし、
高いとこになっているので、なかなか採る気になれません。
その上、僕はそんなにフルーツを食べたいと思わないタイプなのです。
わがままな様ですが、誰かが一口大に剥いて、
食べやすくなったフルーツなら、
「食べたい。」
と、思うタイプなのです!

それはそうとして、

その、アスファルトのとこを掃除してたら、
ヘビが居ました。

シマヘビでもない。
マムシでもなさそうだ。
と、思い様子を見ていました。
なかなか綺麗なヘビでした。
アスファルトの上はどうやら歩きにくそうです。

僕は掃除の手を止めて、
ヘビの後を追う事にしました。
なぜなら、
うちの家の中に入られたら怖いからです。
どこに行くか確認しときたかったからです。

アスファルトの上はグリップが効きにくいのでしょうか?
いまいち、スルススー。 とは、進めなさそうです。
持っているほうきで、ちょっかいを出してみると、
ほうきに噛み付いてきました。
「怖いです!」

写真を撮ろうとしましたが、
隙を見せてる間に、飛びつかれたら怖いのと、
写真を撮るってのが、失礼な感じがしたので、
辞めときました。

失礼な事して、枕元に出てこられたら怖いですから。

その、ヘビはアスファルトの上を20メートルほど進み、
ようやく、アスファルトの切れ目に出会い、
山の中へ入っていきまいた。

アスファルトが無くなったところからの歩き具合が、
「我、意を得る。」
という感じでした。

よかったです。


掃除を済ませ、
家に戻り、
ヘビの名前を調べました。

「ヤマカガシ」

予想していた通りでした。

ヤマカガシという名はよく聞いていたのです。

毒蛇らしいです。
おとなしい毒蛇らしいです。

「彼がヤマカガシかー。」
という感じでした。

首の後ろが赤くなっていて、
それが綺麗なんですよね。
興奮すると、首の後ろを膨らませるんですよ。
「ヤマカガシ」

彼の様子を伝えたくて、
ネットで、「ヤマカガシ」の写真を拾って来て載せてみました。

僕のヤマカガシ初対面記事でした。


ちなみに、今回の文章には、
アスファルト批判というのも込められているのです。

アスファルトは車がスムーズに走るためには必要かもしれんけど、
僕は、アスファルトが嫌いなんですよね。
アスファルトがない世の中を想像したら、
綺麗なんですよ。




  1. 2009/09/28(月) 17:40:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

色の実

20090927170738
庭の一角に蔓性の植物が枝葉を伸ばし、
鬱蒼とした雰囲気だったので、
刈り取ろうと思い、
足を踏み入れた。


そこには、なんともいえない、

美しい
不思議な
色をした
実が付いていた。

小さな実なのだが、
緑色から
薄水色や、薄紫、
エメラルドグリーンや
アクアブルー
の色へと変化している。

この様子、
少し見てみよう。
  1. 2009/09/27(日) 17:07:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IMG_0030_convert_20090926181140.jpg

今年は梅雨らしい梅雨ではなく、
夏らしい夏でもなかった。

そして、未だ秋らしい秋でもない。

夏の時は、夕方7時過ぎまで空は明るかったが、
今は、6時を過ぎれば外は暗くなってくる。

空の運行は、
天候には左右されないようだ。

大きな世界から見れば何事も変わらなく
ただ、動き。

小さな世界から見れば、
些細なことで、あたふたと気を揉むばかりだ。

窓の外には、半分の月が
上っていきます。



  1. 2009/09/26(土) 18:18:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬野菜準備

IMG_0023_convert_20090925175458.jpg


夏野菜がどんどん終焉を迎えてきております。

今、うちに生えている夏野菜は、

おくら、空芯菜、モロヘイヤ、ゴーヤ、青紫蘇
赤唐辛子、えごま、サトイモ。

というとこでしょうか。


そすれば、自然と冬野菜の準備をする訳です。

先日から少しずつやっているのですが、
冬野菜の畝作り、種蒔き。

大根、カブ、白菜、キャベツ、春菊、タアサイ、ほうれん草
水菜、チマサンチュ、そして、たまねぎとニンニクなど。

結構、芽が出て来ています。

種蒔いて、
水あげて、
芽がでる。

種蒔いて、
水あげて、
芽がでる。

基本ですね。



  1. 2009/09/25(金) 18:16:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この道

IMG_0033_convert_20090924212625.jpg


この道を 右に曲がれば
あなたに会いました


ここに 野に咲く花が
咲いています

私は歩いていきます

  1. 2009/09/24(木) 21:29:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

拍手

IMG_0046_convert_20090921202754.jpg

こそこそ話し合って物事を決めるのは卑怯だね。
話し合って結束して、自分の本心じゃない事をする人。

卑怯だね。

みんなと一緒がいいのかね。
みんなと一緒じゃないと怖いのかね。


僕は嫌だね。

みんなと違っててもいい。

白い目で見られたとしても、

自分にとって恥ずかしいことは出来ないね。


僕は拍手するよ。

新しい大臣が来たときに、
拍手しなかった厚生労働省の人達。

恥ずかしくないのかね。


あんた達、みんな辞めなさい。

  1. 2009/09/21(月) 20:36:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

きのこ狩り

20090921170452
こないだ きのこ狩りに行きました。

僕はあんましきのこの知識がないもんですから、
知ってる人に教えてもらいながらです。

山の中は街の中とは大違いです。

怖いっちゅうたら
怖い。

面白いっちゅうたら
面白い。

まあ、でも、
イノシシとか出てきたら怖いやろな。
熊とかも やばいな。

マムシも居たな。

みんなあんなとこで生活してるんやな。

うむ。

ソフトタッチな感じで
山に接していきたいな。

がっつりは
僕はちょと無理かな。

がっつり 山の奥までって言うたら、
かなり魅力もあるけど、
今のとこは考えられへんな。

うむ。


きのこは採れましたヨ。
  1. 2009/09/21(月) 17:04:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パソコン

最近、パソコンの調子が悪くてね。
昨日、今日と自分なりに探ってみているんですが、
まったく駄目ですね。

パソコンの前に何時間も座る訳ですが、
一向に回復せず、
回復の兆しが見えたとしても、
また、再び暗礁に乗り上げる形です。

ほんと、疲れます。

パソコンの構造に詳しい人なら、そんなに苦痛を感じずに
対処できるんだろうと思います。

まっこと、調子が悪くなってきてるので、
パソコンの買い替えも考えています。

で、今日、電気屋に行って見てきたところ、
パソコン、安くなってますよね~。
以前と比べて、かなり安いです。
性能も良さそうですし。
僕はネットとメール、あと、自分の描いた絵のデータ保存くらいしか
使いませんので、十分な性能のものが安くあります。

買い替えも考えに入れて、調子の悪いパソコンの復旧作業にかかります。

ここ何日間はパソコンに振り回された感じです。

お疲れさんです。

  1. 2009/09/15(火) 22:13:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

甘い実

20090914090659
こうゆう植物が生えているんですよね。

それは、小さなほおずきみたいな実をつけるのです。

その実は甘いんですよ。

なんちゅう植物なんやろ?
  1. 2009/09/14(月) 09:07:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

酔筆

こんばんわ。

私は以前、
結構真剣に水墨画をしてたことがあるんですよ。

だから、水墨画についてはそれなりに考え、思いがあります。
昨今の水墨画についても、
「一言あり!」
みたいな感じなんですが、
今、僕自身が水墨画を描いていないので、
その、一言も言いにくい訳であります。

さて、
水墨画の中にも、それなりに分野というものがあります。
水墨画の中でのジャンル分けみたいなもんですな。
大まかに言うと2種類と、僕は見ているんですが、
人に言わせれば、もっと多く細分化する人もいるでしょうね。
まあ、僕の言う2種類も、もっと大きく捕らえたらひとつになるでしょう。

うむ。

まあ、それはいいとして。
水墨画のジャンルの中には、
文人画と言われるジャンルがあります。

文人。

各自、調べてみてください。

僕は調べたことありませんが、
イメージで言うと、
隠居みたいな感じとか、
筆と琴。 みたいな様子とか。
川で釣りをする。 とか、
囲碁 みたいな様子とか、
煙を喰う みたいな。
仙人とか?
アンチ みたいな。
達観みたいな。

文人。

まぁ、学があり、中央で働きをしたが、
その功を打ち捨てて、
自然の中に身を置き、
心 遊ばすような。

でもって、
話は長くなりましたが、
その文人画家の中には、
酒をのんで、絵を描くような人がいたのです。

そんなん、あこがれていたんですよね~。
酔って。絵を描く。
みたいな。

お酒を飲んで、絵を描く。
この真髄は如何に!

みたいな。

そんなん、憧れてて、
何度も挑戦したんやけど、

ぜんぜん、出来なくてね。
全く、いかんくてね。

ぐちゃぐちゃになってしもうて。
がっがりさん。
みたいな。

うむ。
でも、最近、ちょっと、出来るようになってきた。

そう、思えてる。
  1. 2009/09/13(日) 22:49:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

稲刈り一段落

IMG_0050_convert_20090911184810.jpg

稲刈りが出来ました。

一段落です。

昨今は、稲刈りというのはコンバインという機械と使ってするのが主流です。
コンバインというのは乗り物です。
その乗り物に乗って、稲を刈っていくのですね。
そうすると、実だけ採れて、稲の茎と葉の部分は、
細かく裁断されて、田んぼにばら撒かれていくのです。
あっと言う間に、稲刈りと脱穀という作業が一度に出来るのです。
便利なもんです。
でも、コンバインはとても高価なものらしいです。

さて、僕はコンバインは持ってないので、
鎌を使っての稲刈りです。
こつこつ、こつこつ、刈って行くのです。

僕の田んぼは、だいたい、小学校のプールより少し大きいくらいだと思います。
結構よく実っていたと思います。
ずっしり重いです。

稲刈り、ようやく出来ました。

天日干しが終われば、脱穀です。
脱穀というのは、稲の実(米)を茎から外す作業です。
足踏み脱穀機というのを使うのです。
そして、足を鍛えるのです!

足腰が大事です!

  1. 2009/09/11(金) 19:07:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆり

20090910133956
野に咲く一輪のゆり


どうでしょう?

綺麗ですね。


野に咲く一輪のゆり
  1. 2009/09/10(木) 13:39:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲刈りの日々

IMG_0069_convert_20090909203609.jpg

ここんとこ、毎日、稲刈りしてる訳で

鎌で刈ってるんやけど

刈りながらも色々考えたり
何も考えへんかったり

やっぱ、それなりに疲れたりもするけど

おおきく捉えたら、気持ちよかったりする。


結構、おもしろい作業や

ちゅうか、かなりおもしろいで。



刈った稲は、木を組んだものに干していくんやけど

稲の量が増えていくにつれて、

それは、大きくなっていき

迫力を増す

かっこいいで。


ええ感じやで。

  1. 2009/09/09(水) 20:47:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神社

20090908121656
稲刈りが続いています。
刈った稲は稲木というものに掛けていきます。

稲木は杉の丸太や竹を使って組んでいくのです。
組んでいった稲木に、
刈り取った稲を掛けていくと、
まさしく神社みたいな格好になります。

これは神社やな。
と思いました。

五穀豊穣ですね。

自分で稲刈りして、
自分で干して、
まだ他の作業も続く訳やけど、

神社の形で数日間、
天日に当てて干す。

こんないい神社は他に無いと思う。
僕の作った僕の神社。
  1. 2009/09/08(火) 12:16:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

機嫌よう

IMG_0062_convert_20090907212218.jpg
あんまし、よくは知らんのやけど、
顔は知ってて、少しだけしゃべった事のあるおばさんに、
かなり久しぶりに、ばったり会うた。

スーパーの入り口でな。

お互い、顔は知ってるし、挨拶するかな?
でも、だいぶ久しぶりやし、そんなに親しい訳でもないしな。
どうしよかな?
みたいな感じもあったと思う。
お互いに。

でも、ぱっと、目が合うて、

ほんなら、挨拶するわな。
軽く。

あたま、ぺこってくらいに。

そしたら、そのおばさんは、言うた。

「ひさしぶりやね。 機嫌ようやってるんか。」
って。

その、言葉聞いて、「お!」と、思ったね。

「はい、機嫌ようやってます。」
言うと。

「機嫌ようやってんにゃったら、それでええ。」
って言わはった。

それだけやったんやけど。


機嫌ようやってるのか?
っていうのは、いいね。

そして、機嫌ようやってんのなら、それでいいってのも
いいね。

軽くて、ほんのりやさしくて、
少し無関心感もあり、
人生の達観感もあり、
おもしろいね。

あー、このおばさん、
おもしろい人やなーと思うたね。


おばさんの家の前にはお地蔵さんがあって、
毎日、おばさんは、お地蔵さんの水をかえたり、
花を供えたり、掃除したり。
お地蔵さんの世話をしてはります。

あんまし、よう知らん、そんなに話もしたことないけど、
ええおばさんや。

僕はすきや。
こんな人。

  1. 2009/09/07(月) 21:44:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲刈り

20090906161350
稲刈り
少し始めました。

まだ、
先は長いです。
  1. 2009/09/06(日) 16:13:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釣り

20090905213757
今日は、ふと、
釣りに行ってきました。
防波堤からの釣りです。
釣り初心者ですので、
多少緊張感を持つのです。

今日は風が強かったので、
イメージしてた釣りが出来なかったなあ。

回数を重ねて、
緊張せんようにならんとな。

今日はちいこい魚がまあまあ釣れたけど、
おっきいの釣りたいな。
  1. 2009/09/05(土) 21:38:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蛇と子供、かえるとか。

IMG_0059_convert_20090905074622.jpg

こんにちわー。

昨日は友人のところが稲刈りをするとの事で、
自分自身の勉強研修のために、
稲刈りに行ってきました。

友人のところは、黒米を植えてはりました。
黒米もいいですね。
僕も、黒米もしたいと思うが、
黒米と白米は離れて植えなくてはいけないと聞いた事がある。
すぐ近くに植えたら、交配するようだ。
あいのこちゃんが出来るみたい。
あいのこちゃんも興味あるけどな。

友人宅には男の子供が3人いる。
そのあたりを走り回ってはりました。

蛇や、かえる、
バッタや、かまきり
を捕まえて遊んでいました。

蛇にかえるを食わしてみたり、
かまきりにかえるを食わしてみたり。
ばらばらかえる。 みたいな。

子供の遊びは残虐なところが多々ある。
まぁ、でも、そんなもんなんだろうな。
そんなもんなんだろうと思って、
一緒に遊んでた。

稲刈りはおもしろい。 


  1. 2009/09/05(土) 07:59:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ame ga

IMG_0068_convert_20090903184515.jpg
ame ga furidasita.

tuti ni ame ga otiru.

yokatta.


  1. 2009/09/03(木) 18:47:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。