くまこ道

滝町昌寛の日常 くまこへの道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

じゃこ

僕はどうも、じゃこに対して並々ならぬ思いがあるようだ。

釜揚げしらすは、非常においしく、上品で、
あの塩っ気なんてのは絶妙によい。

しかし、釜揚げしらすはいかんせん日持ちがしませんし、
やはり、スーパーで買う釜揚げしらすはイマイチ感がいなめない。
やはり、産地でたべる釜揚げしらすは、まぶたがうつろになるくらい
すばらしい。

港町にすんでいないわたしとしては、
釜揚げしらすを手に入れる事が出来にくいので、
スーパーで乾燥しているじゃこを買います。

いかんせん、じゃこというのはちょっといい値段がしています。
ですので少し勢いを出して、じゃこを買うのです。

じゃこはおいしい。

白いごはんの上にじゃこをのせて食べるのはおいしい。

すごい大好物だ。

でも、僕は自分の心の中に意地悪なとこがあるのです。
僕は、じゃこをタッパーに入れてるんだけど、
そのタッパーはテーブルの上に置かないで、
自分の座ってる座布団の横に置くのです。

正直言って、誰にもじゃこを食べられたくないのです!

でも、いかんせん、誰かが「じゃこをくれ」と言ったら、
渡さない訳にはいかないのです。
もし、渡さなかったらセコイ人間だと思われるから。
だから僕は渡すのです。

そのときに僕の眉毛は、少し渋くなるのです。



スポンサーサイト
  1. 2009/12/26(土) 10:09:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神仏

最近は絵を載せていませんが、
もう少しましな絵が描けるようになれば、
載せたいと思います。

文字だけでも自分の表現したいことができる様。


神とは
自然、天、そのもののように思います。

仏とは、
人間が作り上げたもののように思います。

神は怖い。
神は、混沌であり、恐怖であり、万物であり、畏れであり、
流れであり、気であり、光であります。

仏は慈悲であります。


自然は豊かであります。
自然に慈悲は無い様にも思います。
慈悲はなくとも、
自然は豊かであり、完璧なバランスを保ちます。
この上なく美しくあります。
生死を繰り返しています。

今、地上に住んでいるすべての人が、
死にます。
動物たちも死にます。
植物も死にます。
微生物たちも死にます。
みんな死んでも、
また同じように命が生まれでてきます。
そのくらい、
この世をすべて生まれ変わらせるくらい、
自然は豊かです。

豊か過ぎて、
うれしくて、涙が出てきそうになります。

神は偉大です。

仏はありがたいです。

自然は豊かです。


  1. 2009/12/20(日) 21:53:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20091217071315
今朝は寒いです。

野菜たちに霜がおりています」

気持ちよいです。
きれいです。
  1. 2009/12/17(木) 07:13:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パン

10人居て、パンが10個あれば、
ひとり一個づつ分けられます。

10人居て、パンが5個ならば、
まあ、なんとかみんな話し合って仲良く均等に
ひとり半分づつ分け合いましょう。

10人居て、パンが600個ほどあれば、

これはややこしい。

今食べられる分だけ食べる人もいれば、
明日、明後日のことも考えて蓄える人も居る。
あまりにもたくさんあるので、欲を出して、
食べきれない程たくさんのパンを独り占めする人も出てきそうだ。


豊かにあることを人は望んできた。
でも、豊かになり、こういう事が起きれば
本末転倒だ。


なければ、分け合い。
有り余れば、欲にかられる。


豊かになる。

日本もそうなのか?



  1. 2009/12/16(水) 22:28:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪予報

明後日からですね。
雪の予報がでています。

京都府北部 雪
日本海側は大雪の恐れあり


がびりんこ であります。

雪が降るのはかまわんけれど、
いかんせん、通勤が困るのでありんす。

通勤っていうのは、いつもそういうことがつきまといます。
何時までに行かなければ。というのがありますから、
それが、困りもんであります。

通勤電車などもそうであります。
何時に行かなければ。というのがありますから、
あんなに、一時に混むのでありんす。

仕事ってのは、なかなか私をしばるのであります。

でも、仕事でおもしろく思うことがあるのも事実です。


雪道での車の運転は危険であり、不慣れなもんですから、
少し緊張感も持ちます。

マウンテンバイクを買って、自転車通勤にしようかとも
考えておるのです。


  1. 2009/12/14(月) 22:37:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芸術

芸術って、もう、
無くなったんだと思ってました。

何が芸術なのかわからないし、

表現は自己主張ばかりで、あまりにも見てて苦しい。


この世から、芸術が無くなったと思ってました。


先日、芥川龍之介の小説を読みました。

芥川龍之介は好きなので、結構読みます。

そこに、
こんな風に始まる、話がありました。


 雌蜘蛛は真夏の日の光を浴びたまま、
 紅い庚申薔薇の花の底に、じっと何か考えていた。


この、くだりを読んだときに、

芸術 

と、思いました。


少し、わかりました。

芸術ってあるんだな、と思いました。


ようやく僕も、ほんの少しだけ、
芸術の入り口が見えたように思います。


もう、自己主張のものとはおさらばです。

  1. 2009/12/10(木) 17:58:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

趣味?仕事?

趣味を仕事にしたいと言う人は結構いる。

まあ、その気持ちはわからんでもない。

僕も自分のやってる事で収入を得たいと思っていた。


なかなか、いかんせん、
趣味は仕事にならない。

趣味は趣味だ。
仕事は仕事だ。

もし、趣味を仕事にしたいのなら、
趣味を卒業しなければいけないな。

そして、きちんと仕事として受け止めなくてはいけないな。


風呂に入りながら、北野たけしの映画のことが、
ふと、頭に浮かんだ。

僕は、たけしの映画はあまり好きではない。
というか、ほとんど観ていない。
観たのは、「HANABI」と「座頭市」くらいなもんだ。

あんまり好きではない。
「座頭市」は、がっかりした。

映画人ではない人が映画を作ったときに、
はじめの頃の作品は良かったりもするが、
いかんせん、続けていくと面白くなくなることがある。

積み重ねがないからか?

黒澤明の映画は大好きだ。

積み重ねがあるからか?

黒澤明はプロだ。

映画の好きな映画のプロだ。
全く持って、趣味ではない。

たぶん、映画が趣味っていう時期なんて無かったんじゃないか?
黒澤さんには。

好きで、真剣にやってきたんじゃないかな?

まあ、趣味も好きなことをやるのだから、
趣味をやり続ければ、それでプロとして収入を得れることもあるかもな。


でも、思うに、

趣味が仕事になるんではなくて、

好きで、心からやっている、
やっていなければ、どうしようもないような、
自分から切り離せないようなことがあれば、

それは、収入、お金に結びつくこともあるかも?しれない。

そして、
それが、自分にとって、そんなに好きなことならば、
お金に結びつかなくても、
問題ない。


  1. 2009/12/08(火) 22:39:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金継ぎ

20091206210017
昨日は金継ぎ体験に行ってきました。

金継ぎとは、割れたり欠けたりした陶磁器を
漆を接着材料にしてつなぎ合わせる技術です。

こつこつとした
丁寧な
根気のいる
作業でした。

金が美しく
欠けた陶磁器も手をかけてあげたら
よりよく愛着がもてるようになります。

漆が乾くまでまだ預けてあるので、
手元に戻ってくるのは来週です。
  1. 2009/12/06(日) 21:00:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑炊

20091206202033
二日酔いなので
かに雑炊にしてみました。

コッペかにを使いました。

おいしそうです。
  1. 2009/12/06(日) 20:20:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しいたけ

20091206130712
しいたけが顔をだしています。
  1. 2009/12/06(日) 13:07:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤーコン

20091206130120
ヤーコンを掘ってます。
  1. 2009/12/06(日) 13:01:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すし太郎

IMG_0027_convert_20091204181240.jpg


晩御飯に、ちらし寿司風のものを作ろうと思い

合わせ酢の分量をネットで調べました。

みんなで作るレシピ集 みたいなページです。


そしたら、ほとんどの人が、合わせ酢のところを、

すし太郎

って、書いてました。。。。。


{~ha`}..



へ?


世の中の主婦の方々を敵にまわすつもりはないんです。

もちろん、すし太郎もおいしいんだと思いますが、


なんで、レシピ集に、すし太郎やねん!


酢とか、砂糖とかで作るんちゃうのん?



すし太郎か。。
きっと、手軽で簡単でおいしいんだろうな。

北島三郎も宣伝してたもんな。


晩御飯は、

昆布を入れてご飯を炊いて、
酢と砂糖、ゆず果汁などで酢めしにして、
鯖を焼いて、ほぐして、ご飯に混ぜて、
漬物を細かく切ったのも混ぜて、
ちくわも細かく切って混ぜて、
ごまをかけて、
ちらし寿司風にします。

あとは、厚揚げのあんかけと、
サラダでしようかな。



  1. 2009/12/04(金) 18:31:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職場

IMG_0030_convert_20091203173324.jpg


わたしの働いている職場には、
女性が3人 います。

2人は、おばさん?というには失礼かもしれませんが。
と、
1人は、若妻。

そして、男性の社員の方がいます。
女性はパートです。

男性社員は僕より若いです。

おばさんというのは、おもしろいです。

なんかしら、抜けたとこあります。
そして、かわいい です。

一人のおばさんは、
スケートの、なんとかダイスケ という選手が好きらしいです。
その選手の話をするときは、まさしく少女? です。

一人のおばさんは、
赤い実とか、ちいさなかわいい物が、好きなようです。
おしゃべりが、とても上手です。
少し派手です。

若妻はいつも、魅力的であります。
静かな方ですが、にこやかな人です。

社員さんは、
非常に真面目です。
少しだけ、ウィットにとんでいますが、
ちいさな声での、ウィットですので、
笑うほどではありません。

ですが、彼は時々、
仕事に対しての顔が、真面目になるときがあります。
その顔はなかなか、男前です。

彼は少し、髪の毛が薄めなのですが、
外出の際、帽子をかぶるのですが、
外出の時に、帽子をかぶらないようになれば、
ちいさな、ウィット感も、
もう少し花開くんじゃないかと思います。


そんな職場で、働いています。

  1. 2009/12/03(木) 17:46:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前世

IMG_0025_convert_20091202180631.jpg


焼酎いただいてます。

ありがとうございます。


前世ってあるんですか。

あるのかもしれません。



  1. 2009/12/02(水) 18:11:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。