くまこ道

滝町昌寛の日常 くまこへの道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「トカゲ」

 トカゲ


「宇宙人はトカゲの姿をしているって聞いたんですけど、
 それって本当なんですか?」


人にはそれぞれ、他人には言えない秘密を持っているものです。
あなたにもきっとあるでしょう。
人には言えない秘密。
もしくは人に言う必要もなく、我が身だけに隠し持っているモノが。

性癖なんかもその部類に入る場合が多々ありますでしょう。

私は自分の性癖がもたらした、えもいわれない出来事を
今夜、皆様にお話したいと思います。


私のその余りに恥ずかしい性癖の部分は目をつむってもらって、
この話を聞いていただきたい。

あなたも持っているだろう、人には言えないことを
私は探りもしないし、責めもいたしません。
だから、私のことも責めないでください。

私も、この自分にまとわりついて離れない性癖を、
今夜あなた方に話すのは恥ずかしいのです。
でも、それを話さなければ、

あの、、
あの出来事を説明することが出来ないのです。

私は自分の性癖のこと、自分のひた隠しに持っていた秘密をさらけ出してでも、
あの日の出来事、
自分が感じた、この不思議な疑念を、
誰かに聞いてもらいたいのです。

それでは、話しましょう。



それは、秋の日が夕暮れにさしかかろうとした時分でした。
私は、街で買い物を済ませて家路につこうと歩いておりました。
そして、公園を横切った時のことです。
一人の女性が、公園の公衆トイレに駆け込んで行くのが見えました。

ああ、これが、
私のこの思いの始まりです。

これが私の、他人に知られたくない性癖なのです。
これが、私の業なのです。

「女子トイレを覗く事なのです。」


すいません。 すいません。

でも、約束だったでしょう。
お互い、その事には触れない約束です。
だから目をつむって下さい。
そうでしょう?
私は、この自分の恥ずかしい性癖を話さなければ、
この後に起こった、あの出来事が語れないのでございます。

まあ、あなた。

まあ、あなた。
続きを聞いてくださいな。


トイレに駆け込んだ女性の後を追って、私もトイレに入りました。

覗きとは卑怯なものです。
それは重々わかっているのです。
でも、私は、それでしか、
興奮出来ないのです。
他人には理解されにくいかもしれません。
でも、あなたにもあるでしょう?
あなたの胸の奥、お腹の底の方から、
猛烈にこみ上げてくる、えもいわれぬ感情を覚えたことが。
締め付けられるような、
猛烈に締め付けられて、頭が朦朧として、
周りも見えなくなって、目もくらくらする様な思いが。

私はこれでしかそうならないのです。

私は朦朧とした興奮の中、
それを見ていました。
見続けていました。

その、女性の豊かな丸い、つきたてもちのような、
つるんとした、でん部。

そして、その奥に見える 淡い、
美しい色をした、 女芯。

そこから溢れ出す 泉。


美しい。

美しいのです。

ああ、 ああ、

私は、恍惚の中におりました。

興奮のるつぼの中に浸っていた、その時、
その時にそれが起こったのです。

私は見たのです。
間違いなく見たのです。


その、女性の、女芯から、

ほとばしる泉の中から、

トカゲが二匹、

ピュ。ピュ。と飛び出したのです。



私は、「ハッ!」としました。

そう、「ハッ!」としたどころではありません。

怖かった?
恐ろしかった?

どうでしょう?

私は、後ろに倒れて、しりもちをつきました。


ああ、

  どうしたらいいんでしょう?


その後の事は、覚えてません。

私は、何かを叫びながら逃げ走っていた様に思います。
猛烈に走っていた様に思います。


怖かった。



あなた。

あの、トイレに駆け込んだ女は、
いったい何だったのでしょう?


宇宙人だったのでしょうか?

それともやはり、女だったのでしょうか?

私は、もう、わかりません。



スポンサーサイト
  1. 2010/02/24(水) 19:14:28|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「蟻の渡り」  第二章 最終章

「蟻の渡り」 第二章

穏やかな晴れた午前でした。

娘の種子は庭にしゃがみこんで、なにやらせっせと遊んでおります。
どうやら、娘は砂いじりが好きなようです。
砂いじりというのか、土いじりというのか、
とにかくお気に入りのプラスチックの赤いスコップで
何やら地面をせっせと突っついております。
何が楽しいのか私にはわかりませんが、一心不乱に地面を突っついております。
まあ、満足している様子なので微笑ましく見守っております。

ほんのり暖かな、やわらかい風がふと我を忘れさせてくれます。

ぼんやりしていると娘が私の方に向かって、
「蟻、蟻、」と言っております。

ん?
と思い、娘の方に近寄りますと、蟻が行列を作って娘の足元を渡っていきます。

「ふむ、蟻さんが行列しているね。」と、言いますと、娘が、
「蟻さんが、虫さんを運んでいる。」と申します。

ふむ。よく見ますと、行列の中に所々、虫の死骸を運んでいる蟻が居ります。
娘はその様子をじっと見つめておりました。
虫の死骸は、もうバラバラになっております。
たぶんバッタか何かでしょう。
頭だけを運んでいるものもあり、足だけを運んでいるものもあります。
行列の後の方からは羽が運ばれてきます。その後ろからは何匹もの蟻が協力して、
少し大きな塊の、お腹の一部のようなものを運んでいます。

娘が私の方を見て言います。
「虫さんを運んでどうするのかな?」
娘はじっと私の目をみつめました。

私は少し慌てて、娘の視線をそらせました。
それは、どう答えていいんだろう? と思うのと、
娘の視線の強さに自分が耐えれなかったのだと思います。

私は考えました。
どう答えればいいんだろう?


----------------------------------------------------------------------------


「蟻さんたちは、死んじゃった虫さんの死骸を持って帰ってお墓を作ってあげるんだよ。」


そんなことが言えるだろうか?
きっと、それは嘘だ。

私は今まで昆虫のことに関心をもったこともないし、テレビで虫に関する番組が放映されていても、
すぐさまチャンネルを変えていたほうだ。
ファーブル昆虫記も読んだ事はない。
全く持って虫のことは知らない。
だけど、蟻が虫の死骸を自分の巣に持って帰って、
墓を作るなぞということは全く持ってないと言える。

蟻がそんなことをするわけがない。

どう答えればいい?


「蟻は、虫の死骸を巣に持って帰って、食べるんだよ。」

そう答えるか?



「たべちゃうんだよ。」

「蟻は虫を食べるんだよ。」

そう答えるか。



「食べる。」



私は娘の方に振り返りました。

きっと私の眉毛は少しひしゃげて垂れ下がり、
口元は変なつくり笑顔っぽい形をしていたでしょう。



すると娘は何事もなく、しゃがみこんで、地面に向かって、
せっせ、せっせと一心不乱に土を突っついておりました。


私の眉間にあった浅いしわは、ほんのりほどけていきました。



あたたかい午前であります。
  1. 2010/02/22(月) 21:07:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「蟻の渡り」 第一章

「蟻の渡り」


第一章

もう、かれこれ、人生を生きてきて、40年近くなるだろうか。
言ってみれば、おおむね順調に過ごしてきたといえる。
それなりの大学を卒業し、就職した会社も世に言う一流企業といったところだ。
まあ、一流企業といっても、一流企業の端っこの方にかろうじて引っ掛かっているくらいの企業だが。

会社での成績も、まあまあといったところだ。
良くも無く、悪くも無く。
そのぐらいがいいのだ。
そのぐらいの自分だから。
そのぐらいの人間の方が会社からも扱いやすく、会社に対して文句を言うわけでもなく、
そこまでの忠誠心もないので、同僚、上司たちとの関係性も、それなりに合わせられるので、
問題もなく、昇格もしやすいというものだろう。

わたしはそれなりの地位に就かせてもらっている。
しかし、それなりといっても、それはそれなりというだけあって、
中間管理職といったところだ。
辛い立場のときもあるが、それはそれなりに済んでいく。
辛いポーズをとっていれば、同僚や部下たちが気遣ってくれる。
そして、辛い自分のポーズを振り払い、
大丈夫だというポーズをとるのだ。
ポーズをとっていれば周りが何とかしてくれる。

上司に怒られたとしても、怒られているポーズをとっていればいいのだ。
「反省しています!」 「すいません!」 「以後、気をつけます!」
と言っていればいいのだ。
そんなことをするのにも慣れた。

そんなことで、同僚や部下たち、上司との関係性も深まっていく。
みんな変化することが怖いから、その場でうまく繕える方向をとるものだ。

会社という生き物は何とかなるように出来ているのだ。
もし、何ともならないんじゃないか? ということが起こったとしても、それも結局は何とかなるのだ。
何ともならなかったということは、わたしが会社に勤めて今まで一度もなかった。
そして、わたしが解雇されたとしても、会社は痛くも痒くもないことをわたしは知っている。
わたしは会社というものに対しての、貢物みたいなものだ。

そんな思いがあっても、それはそれで悪くない。
みんなが変化を恐れるように、わたしも変化が怖いのだ。
今のこの平穏な日々、メリハリも無く、熱い思いもない日々が、
それなりにいとおしいのかもしれない。

そんな日々を過ごしている。
それは思ったほど悪くない。
もし、そんな日々が嫌だといったところで、私には人生を変える勇気もないし、考えもないので、
問題ないといったところだ。


それはそれでいい。

そういう風に生きてきた。


そういう世の中だと思っている。


世の中か。

世の中がどういうものかも知らないが。。



私には妻がいる。そして、子供がいる。

妻とは職場結婚だ。
そんなくらいが無難なのだ。
妻のことを愛してるか?と聞かれれば、愛している。
出会いとは、そんなものだ。
ただ、それがそうなったものだ。

娘がいる。
三歳になる。

そうだな。
今まで、話してきた私の人生は、これといった感動のような熱いものが感じてもらえないだろうと思う。
それはそれで仕方ない。
そんなふうに生きてきた。
クールと言われても仕方ないだろう。

同僚たちが言っていた。
「子供はかわいいぞ~。お前も子供はやく作れよ!」と。
私は曖昧にその場を繕いながら、本心は、
正直、「?」 と思っていた。

「そんなものかね?」と。
「そうかもしれないが、そうじゃないかもしれない。」と思っていた。
そんな私だが、子供が出来たら、一変した。
子供はかわいい。
びっくりした。

そんな私の子供。
三歳になる娘の種子とのことを書こうと思う。

  1. 2010/02/16(火) 18:49:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

団子虫会議 続編

第二章


女が話し終えた後は、女の小さくすすり泣く声ばかりが聞こえておりました。

重苦しい空気の中、各自、各団子虫たちにも思いがあるようです。


「おらの、お爺いもそうじゃった。 おらのお爺いもビニールにのどを詰まらせて死んだんじゃ。」
ぽつりと聞こえてまいりました。

「隣山の森でも、まだ年端もいかない子が、おんなじように亡くなったそうじゃ!」
団子虫たちはざわざわざわめき立ちました。

「そうじゃ! 最近はやたらめったらビニールのようなものが森に落ちておる!
これは危険なことじゃ!」

「そうじゃ、そうじゃ! あれらは食うことができんから分解できんのじゃ!」
「そうじゃ、そうじゃ!」
「あれらは、困ったものなのじゃ!」

団子虫たちの気持ちは、先ほどまでの、女の気持ちに対する同情や思いやりの悲しい気持ちから、
森を汚す人間たちへに憎しみの気持ちへ変わっていったのであります。

団子虫たちの会議はざわめきたっています。
もう、会議というより、決起集会の様相をみせております。
怒りの力が、怒りの空気が支配しております。


そんな空気の中、女はただただ泣き続けております。



第三章・最終章

「よし! 人間たちに抗議しよう!」
ある団子虫が立ち上がりました。

おー!
盛り上がります。

他方から意見が出てまいります。
「抗議はいいが、わしたちには言葉を発することができんじゃないか。
言葉がしゃべれないわしらの気持ちをどうやって人間たちに知らせたらいいんじゃ?」

うむむむー。
さすがにそれはそうであります。
団子虫は言葉が使えないのであります。
団子虫同士はなんらかの方法で話ているのですが、それは人間が使う「言葉」というものではないのであります。

団子虫たちは、固まって考えだします。
丸くなってしまっているものもちらほらいるようです。

「よし!こうなったら噛み付いてやろう! みんなで人間たちに噛み付いてやろうじゃないか!」

「わしたちのこんな小さな口で噛み付いてもどうなんじゃろう?」

「いや、いくら俺たちの口が小さかろうが、みんなで束になって噛み付いたら、やっぱり多少は人間たちも痛がるんじゃないか。」

「そうじゃ、そうじゃ。 ほんの少しでも、人間たちに痛みを知らしめてやろうじゃないか!」

会議は過激な方向に進んでいっている模様です。

「よし、じゃあ、今から行くべ! この森を出てすぐのところにある人間の家にみんなで行って、噛み付いてやろう!」
「おー! 行くべ、行くべ!」
「やってやろう!」

団子虫たちによる人間への噛み付き行為が始まろうとしております。
数名の団子虫はもう、駆け出しております。

そんな中、少し小さな団子虫が言いました。

「やめようよ。」


ざわめきたっていた団子虫たちは、静まりかえりました。


「やめようよ、そんなこと。」

小さな団子虫は、小さな声で言いました。

そして、勇気をもって話し始めました。

「僕、がんばってビニール食べてみるよ。
それで、のどに詰まったら吐き出して、
それでもまた食べて、がんばってみるよ。

それでもし、僕がビニールを分解できるようになったら人間を責めなくてもよくなるよ。

もし、僕にそれが出来なかったとしても、僕の子供や、その子供たちが、いつかビニールを分解できるように、

そうなったら、責めなくてよくなる。
僕はやってみるよ。」

小さな団子虫の、小さな声は、みなの心に響いたようであります。



団子虫たちは争いをやめました。

一匹、二匹と各自の深い考えの中、
各自の寝床へ帰ってまいります。


女のすすり泣く声は、いつしかやんでおりました。


会議の開かれた森に、月の光がやさしくさしこみました。


希望がありますように。


     
 小さな森で、起きた団子虫の会議


   



  1. 2010/02/11(木) 18:38:58|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

団子虫会議

とある、人里に程近い森の中
月明かりの夜に、団子虫が会議をいたしておりました。


「私たち団子虫は森の分解者、枯葉や虫、動物の死骸などを食べ
分解してきたが、昨今様子が変わってきておる。」
団子虫の長が口火を切りました。

ある、年長の団子虫が言います。
「そうじゃ、昔は我々の食べ物といったら、落ち葉が主体であった。
落ち葉といっても、広葉樹が主じゃった。
広葉樹の甘みといったら、えも言われんもんじゃったが、
ある時期から常緑樹がやたらと増えたもんで、
広葉樹の、あの甘みがなつかしいのぉ。」

ある、立派な若者が、
「おらは、虫の死骸や動物の死骸が好きじゃ。
何といっても、食い応えがある。
力もつくてのぉ。」

団子虫たちはそうやって、森の生態系の中で「分解者」という
役割を担っている。
もちろん、彼らはそのことなど意識せずにごく普通に淡々と生活しているのだ。

そんな中、しくしく。。しくしく。。
と、すすり泣く声が聞こえてまいります。

声と言いましても、団子虫たちには声を発することは出来ませんので、
テレパシー? のようなものでしょうか。
団子虫たちのなかで交信する術をもっておるのでしょう。


しくしく。。しくしく。。

その、まだ若い妻である団子虫は、
しくしく泣くのでございます。
しくしく泣いて、ぽつりと話し出したのです。

「あいすいません。わたくしは、つい先日、まだ年端もいかない
わたしのかわいい坊やを失ってしまったのでございます。」

そう言って、しくしく語るのです。

「坊やもようやく少し固いものでも食べられるようになったものですから、
私は坊やといつもより少し、ほんの少し遠くへ食べ物を探しに参ったのです。
そこは、我が家の周りより少し色んなものがある森でしたの。
私にも坊やにも、物珍しいものがあったのでございます。
私は、無闇にいろんなものを口にしないように坊やに注意しておりました。
しかし、魔が差す というのはこのようなことでしょうか。
私は甘い実をみつけ、ほんの少し、ほんの少しでございます。
坊やから目を離したのです。
それが、
わたしの罪です。

私が口の周りを真っ赤にし、その甘い赤い実を食べていると後ろの方から、
「ごほっ、ごほっ、」
と聞こえてまいりました。
それは坊やの声でした。

「ごほっ、ごほっ、」

「ごほっ、ごほっ、ごほっ、ごほっ、」

わたしは急いで坊やのそばに、

「ごほっ、ごほっ、」

坊やは苦しそうに、苦しそうにしておりました。
わたしはどうしていいのか、慌ててしまって、どうしていいのか、

森の鳥が鳴いています。
木の葉がざわめいております。

わたしはどうしていいのか。

どうしたらいいんでしょう。



わたしのかわいい坊やは、
すこしづつ丸くなって、
しんで しまったのです。


わたしはどうしていいのか、


わたしは泣いていたのでしょうか?
わたしはどうしていたでしょう?


山が響いたように思います。

坊やの口からは、
ビニールが出てきました。」


おんなは、しくしく泣きながら話ました。




第一章


  1. 2010/02/07(日) 18:31:45|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

品行方正

わたくし、品行方正に生きてまいりました。
もちろん悪いことなどいたしたことはありません。
若い頃から、人に迷惑をかけること、後ろ指をさされるようなことは
一度たりともしたことはございません。

学業、スポーツともに努力して参りました。
学生時分は異性交遊などいたしとことはございません。

髪型もいつもきちんといたしております。
服装も常に清潔感のあるものを心がけております。

タバコはもちろんのこと、飲酒もいたしたことはございません。
会社の同僚から、仕事帰りに飲み屋に誘われたことも以前はございましたが、
常に断ってまいりました。
飲酒をして酔っ払っている人を見て、
「なんてブザマなんだ。」と思いましたので、
飲酒は悪だと思っております。
それに、あんなにブザマな醜態を晒す上に、お金まで支払わなくてはいけないのが、
わたくしには全く持って理解できません。

そのためか、もう、私を飲みに誘う同僚は誰一人としておりません。
会社の同僚とは、仕事のこと以外で話すことはございません。

これといって趣味もありませんので、お金を使うことなく、
貯金はそれなりにあるほうだと思います。
人と話をせずとも、本からたくさんの知識をもらえるので苦痛はありません。

人はわたしのことを真面目だとおっしゃいます。
わたしのとりえは品行方正なのです。

品行方正。

それだけがわたしのとりえなのです。


あなたは、わたしの人生がおもしろいとお思いでしょうか?
あなたは、わたしのような生き方を望むでしょうか?
あなたは、わたしが羨ましいでしょうか?

  1. 2010/02/06(土) 15:31:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ずれるパンツ

人、人 それぞれによって好みというか、
癖といいますか、
そんなものはあるものです。

それは私にもあるのですが、
その癖というんでしょうか?
そのようなものの一つとしましては、

「しばられるのが嫌い」

というものがあります。

基本的に私自身が規則などに縛られるのが嫌いということもありますが、
体感的にも、ベルトで縛られるとか、ネクタイで縛られるとか、
ハイネックが嫌いとか、
まあ、きゅ っと、締め付けるようなものは好きではありません。
そのためか、私は靴下のゴムが伸びていても全く持ってよろしい。
パンツのゴムが伸びていても全く持ってよろしいのです。

そんな様子がありますが、
パンツのゴムについては、いささか参ってしまうことがあります。

その話をいたしましょう。


パンツは、皆様もそうでしょうが、
何枚か持っています。
履き替えなくてはいけませんから。

でもって、私のパンツはゴムが伸びきっている 先輩格のパンツと。
未だ、生地も鮮やかな発色(と言いましても、私のパンツはすべてらくだ色なのですが、)の、
ゴムも、はち切れんばかりの高校生の肉体や精神のような、フレッシュな瑞々しさをもったものがあります。

そして、その中間もあります。

それらのパンツを履き替えている訳ですが、
先輩格のパンツの中にも、まだかろうじて腰の骨のあたりで引っかかってくれるゴムもあれば、
全く持って、ダメなゴムもあるのです。
もう、そのゴムは、生地です。
生地になっています。
ゴムの性能を木っ端微塵に失った生地になっています。
これ以上伸びる、 という事を知らないものです。

そういう、先輩格のパンツが生まれてくる時があるのです。

巡ってくるのですな。


巡りあわせでそのパンツを履く時がくるのです。

それが、街中にお出かけの時があるのです。

ほんの少しのお洒落をして、電車かバスにのり街中に出た私は、
ほんの少しだけ意気揚々に歩くのです。

それがいいと思うのです。

ですが、意気揚々と歩いてると、わたしのパンツは少しずつ
ずり下がってくるのであります。

ズボンの腰の隙間に手を入れて、時々かき上げますが、
そんな程度では、
追いつけない!

全く持って。

追いつけないのです!

かき上げる手。

下がり続けるパンツ。


そして、私は諦めるのです。
諦める時が来るのです。

もう、手放しです。
下がり放題です。

そして、下がり続けたパンツは、
ズボンの股のとこで止まるのです。

ズボンの下は、ケツ丸出しです。
とにかく、丸出しです。

それで、僕は闊歩するのです。
町を闊歩するのです。
勢いよく歩くのです。

少しの恥ずかしさもありますが、
それを、超えて、
歩き出すのです。

もう、いいんです。

それもそれでいいんです。


そして、たまに、パンツのゴムを替えるのです。

  1. 2010/02/01(月) 19:48:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。