くまこ道

滝町昌寛の日常 くまこへの道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

搬出

IMG_convert_20090412231957.jpg


あたたかい日が続きます。
桜も散り始め、葉が目立つようになってきました。
本日は、出展していました 「同時代展」 の搬出でした。

見に来て頂いた方々、ありがとうございました。
何かしらの思いを受けていただければ 幸いです。
表現とは自分自身の生き方だと思っています。
私は、抜けたいと思っています。
抜けて、もっと、違うところにいきたい。
新たな自分になる。 というか、本来の自分になる。というか。
自分をも超えて、今を生きている存在そのものになりたいです。
そんな生き方、そんな表現。


今日の搬出はひどかったです。
梱包材料や箱などを、保管場所から出すのに、
誰も手伝おうとしません。
僕と、僕より年配の方1人はすぐ手伝ったんですが、
他の出展者の若い人達は誰一人として手伝おうとしませんでした。
おしゃべりしたり、腕組んで、僕達が搬出の準備してるの眺めてたり。
ほんとに、いったい、何を考えているのか?
いったい誰の展示なのか?
自分達の展示の搬出のために、ギャラリーの人と、同じ出展者が、
みんなの梱包材料や箱などを運び出しているのに、
自分達は、おしゃべりして、眺めてるだけでした。
僕は本当にびっくりしました。
正直、そんな人達は作品を発表する資格がないと思います。
もう、絵を描いたり、物を作ったりするのを辞めたほうがいいと思います。
自分の作品の展示のための作業すら、きちんと出来ないで、
人任せにしているようでは、全くもってダメです。
自分の作った作品に愛着も持てないような人は、もう、作らない方がいいです。
本当にすごく残念でした。
せっかくの展示の最終日、搬出の時にこんな事になるとは、思ってもみませんでした。

自分が、今、その場所に、なんのために、居るのか?
という事を、ちゃんと考えた方がいいです。

ほんとうに、こころから、すごくすごく 残念でした。


スポンサーサイト
  1. 2009/04/12(日) 23:57:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<同級生。そして、 | ホーム | こんな事って、あるんやねぇ~。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kumako33.blog43.fc2.com/tb.php/272-90aff157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。