くまこ道

滝町昌寛の日常 くまこへの道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たなばた

七夕です。

七月七日

今日は丹後の方に行ってみました。
京丹後市の峰山町という所の山寄りに、
「乙女神社」というのがあるのです。
地図をみて知りました。

丹後地方には七人の乙女伝説にまつわる神社があるようです。
「京丹後七姫」というらしく、

久美浜町にある熊野神社の「川上摩須郎女」
網野町にある静神社の「静御前」
網野町にある嶋子神社の「乙姫」
丹後町にある間人皇后・聖徳太子母子像「間人皇后」
大宮町にある小町公園「小野小町」
弥栄町にある細川ガラシャ夫人の碑「細川ガラシャ」
峰山町にある乙女神社の「羽衣天女」

七人の姫ですね。

このなかで僕が行ったのは、「乙女神社」。
003_20100707185608.jpg

きれいな場所でした。
神社の縁起をネットで調べてみると、七夕信仰と関係がありそうです。

清らかな気持ちでお参りをすませて、
ふと、見ると。
向こうの方に、ワンピースを着たかわいい感じの、
内股の女性が目に付きました!

「おっ! 乙姫登場か!!」
「いきなりご利益か!」

と、心揺れました。
興奮です!
多少、あたふたいたしました。

「彼女の方に近づくべきか!?」

「いやいや、このまま乙女神社の境内で格好つけてるほうがいいのか。」

迷いましたが、
ふと、見ると、彼氏が出てきました。


「なんやね~ん!」

「こんにゃろー!」




(涙)

そして、(笑)

そして、私は、網野町にある嶋子神社の「乙姫様」にもお参りに行きました。

浦島太郎がおられました。


007_20100707190956.jpg


嶋子神社は御神体が海のようでもあります。
でも、海というよりは、海の向こうにある、
大陸に手を合わせているようにも感じました。

ふるさとに思いを馳せるのは、どの人にもある心なんでしょう。


「ありがとうございます。」


スポンサーサイト
  1. 2010/07/07(水) 19:21:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<芸能人は歯が命 | ホーム | walk man>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kumako33.blog43.fc2.com/tb.php/505-5aabdc8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。