くまこ道

滝町昌寛の日常 くまこへの道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

くもの巣

毎朝、トイレの窓を少しだけ開ける。
すると、そこにくもの巣が見えます。
そのくもの巣はなんだかとてもきれいに出来ているように見えるのです。

「よく出来たもんだ。」

そのくもの巣はここ4,5日前に出来たように思う。
始めて僕がそのくもの巣に気づいた時は、くもの巣は光っていた。
糸に張りがあって、くもの身体から出てきたばかりの糸だからか、
つやつや光っていた。
そして、そのつやつやした糸に小さな羽根虫が一匹、もがいていた。

それ以降、毎日、そのくもの巣を眺めることになる。
くもの巣に主が居るのは何日間くらいなんだろうか?
実は僕はそのくもの巣の主の姿を見たことが無い。
トイレに入ってる時間もそんなに長くないからな。

世の中の空気にはほこりがたくさん舞っているんだろうか。
くもの巣は結構はやくに輝きを無くしていった。
今もそのくもの巣はあるが、もう主は居ないんじゃないかな。
輝きは失ったとしても、やはり良く出来た形だと思う。

そのくもの巣の主は、またどこかで巣を作っているんだろうか。
それとも鳥にでも食われたろうか。
もし、また新しい巣を作ってたとしたら、その巣の形はいい具合に綺麗だろうか?

くもはそんな事も考えずにただただ。

僕も、トイレの窓の隙間から見えるくもの巣が無くなれば、
きっと、くもの巣に寄せる関心は消えるんだろうな。

たまたまこうやって文字に書こうと思っただけだ。

なんとなく書こうと思ったんだ。


スポンサーサイト
  1. 2010/08/03(火) 21:58:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<紫蘇ジュース | ホーム | ここをこう。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kumako33.blog43.fc2.com/tb.php/516-8160bca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。