くまこ道

滝町昌寛の日常 くまこへの道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハニートースト

ハニーは突然トーストになった。
俺はライスが好きなのに。

色の白いハニーは俺の黒い肌を綺麗だと言ってくれていたが、
突然言わなくなった。
悲しい目で俺の肌を見るようになった。

ハニーはある朝、エンジンの音と共に出て行った。

俺はいつも外を眺めるしかなかった。
ハニーのことばかり考えていた。


俺は小さなカフェをはじめた。
ハニーが好きになったトーストにたっぷり蜂蜜をかけた。
「ハニートースト」

このメニューがヒットした。
俺のカフェはお客の満面の笑みであふれていた。

俺は成功した。

今は、若い、綺麗な黒い肌の彼女もできた。
店は相変わらず繁盛している。
生活も満ちている。

俺は今でも、ハニートーストを食べると窓の外を眺める。

         「ハニートースト」


この短い話はアメリカ南部のとある小さな町で伝えられている話です。


うそです。
この話は京都北部の片田舎で風呂に入っているときに思いついたのです。

ハニートースト

俺は今も外を眺めている。

スポンサーサイト
  1. 2011/03/09(水) 22:08:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<綾瀬はるか | ホーム | 歯科助手の子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kumako33.blog43.fc2.com/tb.php/586-8eb022c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。